動画枠内をクリックすると再生されます

新製剤ひしめく「腎性貧血治療薬市場」に迫る
~15分でわかる!2020年領域別製剤市況の行方⑦~

◆アステラス製薬の「エベレンゾ」に続き、腎性貧血治療薬が新たに3品目が承認の見通し。

腎性貧血の新製剤HIF-PH阻害薬。ネスプの特許が切れ、AGやバイオシミラーが参入する腎性貧血治療市場に与えるインパクトとは。
各社の開発・販売状況を振り返りながら、競合製剤を広くご紹介します。

◆米国ではすでに大きな市場を形成している非定型抗精神病薬ルラシドン。

日本では紆余曲折を経て統合失調症と双極性障害のうつ症状の適応で承認される見込みです。同製剤承認によるマーケットの状況はどのように変化するのでしょうか。国内インパクトを探ります。

※内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※運営会社と同業またはそれに準ずる会社(コンサルティング業・代理店等)にお勤めの方のご視聴はお断りする可能性がございますので予めご了承下さい。

    講師フォト

    前田 雄樹

    AnswersNews編集長

    “製薬業界で話題のニュースがよくわかる”ニュース解説メディア「AnswersNews」編集長。大学卒業後、全国紙記者や医療・製薬業界紙記者を経て、2016年4月の立ち上げ時から現職。「週刊エコノミスト」(毎日新聞出版)など雑誌にも寄稿。
    ※AnswersNews記事一覧はこちらからご覧いただけます。