動画枠内をクリックすると再生されます

病院薬剤部への緊急調査からみえた医薬品の諸課題
PRODUCED BY M3DC

■病院薬剤部の立場から見た製薬企業の情報提供活動、医薬品不足、データヘルス改革

新型コロナウイルスの流行第5波の収束に伴い、MRの訪問自粛要請を緩める病院が出始めました。
製薬企業の活動の変化に加え、立て続けに起こる安定供給問題に対し、病院薬剤部の見解とは…?

本番組では、ミクス編集部の沼田氏、望月氏をお招きし、ミクス編集部が全国の病院薬剤部を対象に実施した緊急調査をもとに、コロナ禍における製薬企業の情報提供活動や安定供給問題、国が主導するデータヘルス改革などへの取り組みに関してお話いただきます。

緊急調査の結果をどこよりも早くお届けするほか、調査を通じて明らかになった病院薬剤部が直面している課題や安定供給への対処方法、コロナ禍の経験を活かした医薬品の情報収集活動などについて深堀りします。

調査結果を分析したミクス編集部の見解についても赤裸々にお話しいただきます。

■ミクスOnline最新ニュース記事ランキング
ミクスOnlineで配信したニュース記事ランキングを紹介し、ニュースの裏側や深層も解説します。

視聴に関する注意事項
※Internet Explorer以外のブラウザおよびVPNを切断した状態でご視聴下さい。
※運営会社と同業またはそれに準ずる会社(コンサルティング業・代理店等)にお勤めの方のご視聴はお断りする可能性がございますので予めご了承下さい。

    講師フォト

    沼田 佳之

    Monthlyミクス編集長

    北里大学を1987 年に卒業後、外資系製薬企業に入社。営業本部に所属し、医薬情報担当者(MR)として活動。 この経験を踏まえ、1992 年から製薬業界向け日刊紙の記者として厚生労働省、製薬業界、医学・医療界の取材に従事。 キャップ、デスク、編集長を経て、2008年12月にエルゼビア・ジャパン株式会社に移籍、Monthly ミクスの編集長に就任。 2017年7月に株式会社ミクスに、ミクス事業が承継され、同社の代表取締役兼ミクス編集長として現在に至る。


    講師フォト

    望月 英梨

    ミクス編集部 デスク

    2004年3月、東京薬科大学薬学部薬学科卒、同年薬剤師免許取得。 06年4月より、医師向け業界紙の記者として、病院経営、学会情報などを取材。09年5月にエルゼビア・ジャパン株式会社に移籍。Monthlyミクス編集部で、厚生労働行政、製薬業界、国際学会、病院経営など、医学・医療の取材に従事。17年7月より株式会社ミクスにて現職。